>>おすすめのベビーシッターサービス11選<<

ベビーシッターの料金相場ってどれくらい?価格ごとにおすすめのサービスも紹介

ryoukin

この記事は、実際にベビーシッターとして働いていた筆者が書いています。

あなたはこんな悩みや疑問をかかえていませんか?

ベビーシッターを使うか迷っているけど、ベビーシッターの料金相場がわからない。
ベビーシッターどれくらいなんだろう…?
サービスごとの料金比較もしりたいな。

たしかに、ベビーシッターの料金相場がどれくらいかは気になりますよね。

そこでこの記事では、元ベビーシッターの筆者が、ベビーシッターの料金相場はどれくらいなのか?について解説していきます。

合わせて、ベビーシッターサービスごとに料金比較した結果も紹介します。

この記事を読めばベビーシッターの料金相場がわかり、ベビーシッター選びで失敗することを避けられます。

ベビーシッターの料金相場をしりたいあなたはぜひ、よんでみてくださいね。

ベビーシッターの料金相場

ベビーシッターの料金ですが、大きく下の3つに分かれます。

  • 入会金
  • 年会費
  • 基本料金(実際にシッティングを頼むときにかかる料金)

 

入会金の相場は、20,000~50,000円かかる場合が多いです。

年会費の相場については、およそ10,000円となっています。

また、基本料金については、1,000円〜3,000円/1時間のベビーシッター会社が多いです。

入会金と年会費が無料のベビーシッター会社もあるので、その場合は基本料金だけかかることになります。

その他、シッターに家事や習い事などをお願いする場合は、オプション料金として+500円〜1,000円加算されるケースが多いです。

次に、料金相場よりも料金が低いベビーシッターサービスを紹介します。

 

相場よりも料金が低いベビーシッターサービス

「できるだけベビーシッターにかかる料金を安くおさえたい」というあなたのために、相場よりも料金が低いベビーシッターサービスを2つ紹介します。

サービス①:ピックシッター

ベビーシッターの料金相場ってどれくらい?月額費用をサービスごとに比較

ピックシッターは、東京・神奈川・千葉・埼玉地域でシッティングサービスを展開するベビーシッター会社です。

なんと入会金・年会費が0円、基本料金が1時間1,500円〜と、相場よりもかなり料金が安くなっています。

ピックシッターは0歳〜15歳までと、幅広い年齢に対応しているのが特徴です。

バイリンガル講師もたくさん在籍しているので、お子さまの英会話教育に最適なベビーシッターサービスとなっています。

>>ピックシッター公式サイトをみてみる

 

サービス②:キッズライン

ベビーシッターの料金相場ってどれくらい?月額費用をサービスごとに比較

キッズラインは全国47都道府県でサービスを提供する、ベビーシッターサービスです。

ピックシッターと同じく入会金・年会費は0円、基本料金は1,000円〜お使いいただけます。

ただし、基本料金を1,000円〜に設定しているシッターは、資格を持っていないシッター、大学生のアルバイトシッターが多いです。

登録しているシッターの数も多く、「とにかく料金をおさえたい」というあなたにとって選択肢の多いシッターサービスとなっています。

>>キッズライン公式サイトをみてみる

次に、相場よりも料金は高めだが信頼できるベビーシッターサービスを紹介します。

 

相場よりも料金は高めだが信頼できるベビーシッターサービス

「高くてもいいから満足度の高いベビーシッター会社を使いたい」というあなたのために、相場よりも料金は高めだが信頼できるベビーシッターサービスを2つ紹介します。

 

サービス①:KXN(ケーバイエヌ)

ベビーシッターの料金相場ってどれくらい?月額費用をサービスごとに比較

KXN(ケーバイエヌ)は、東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県でサービスを提供しているベビーシッターサービスです。

ケーバイエヌの料金は、定期コースで入会金3万円、年会費0円、基本料金2,000円/時間となっています。

ケーバイエヌの特徴は、世界一と呼ばれるオランダのイエナプラン教育の考えをとり入れている点です。

資格や国籍、宗教も異なるシッターが多数在籍しており、世界に通じる子育てのプロにお子さまのシッティングをお願いしたいあなたにおすすめとなっています。

はじめてシッティングをお願いするかたに関しては、お試し価格の1,200円/時間で3時間まで体験できるのも良いですね。

>>ケーバイエヌ公式サイトをみてみる

 

サービス②:ル・アンジェ

ベビーシッターの料金相場ってどれくらい?月額費用をサービスごとに比較

ル・アンジェは、東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城エリアで年間10,000件以上のベビーシッター・病児保育の依頼を受けているベビーシッターサービスです。

ル・アンジェの料金は、入会金50,000円、年会費10,000円、基本料金が2,500円/時間となっています。

ル・アンジェの特徴は、ほかのシッターサービスよりもシッターの質がいい傾向にあること。

他のベビーシッターサービスでは、保育知識の筆記試験を設けているところはほとんどありませんが、ル・アンジェでは筆記試験を課しています。

また、筆記試験にプラスして、実技研修と実技試験に合格した人のみシッターになれるのです。

ル・アンジェは、「高い料金を払ってでも良いから、とにかく信頼できるシッターさんにお願いしたい」というあなたにぴったりのベビーシッターサービスとなっています。

>>ル・アンジェをみてみる

最後に、割引制度を使えば相場よりも料金を安く抑えられることを説明します。

 

豆知識:割引制度を使えば相場よりも料金を安く抑えられる

あなたはベビーシッターサービスに割引制度があることをご存知でしょうか?

国がベビーシッターの利用料金の一部、もしくは全額を助成してくれるもので、ベビーシッター派遣事業と呼ばれています。

ベビーシッター派遣事業には、2種類あります。

  • 仕事と育児の両立支援として利用できる「通常分」
  • 双子をもつ家庭が利用できる「多胎児分」

 

通常分に関しては、次のとおりです。

○割引額:対象児童×2,200円/1回あたり(多胎児2人:9,000円、多胎児3人以上:18,000円)
○所得制限 なし
○利用手数料 大企業:割引額の8% 中小企業:割引額の3%
○実施事業者 公益社団法人全国保育サービス協会

引用元:https://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/outline/sitter_atsukai.html

 

多胎児分については、次のとおりです。

  • 双子の場合は1日につき9,000円、三つ子以上場合は1日に付き18,000円の割引を受けられる
  • 割引券は年度内に2枚まで使用可能だが、特別な理由がある場合は4枚まで利用可能

 

その他にも、地方自治体がベビーシッターの助成金を出しているケースもあります。

「地域 ベビーシッター 助成金」などと調べてみると、あなたの住んでいる地域で助成金を受け取れるかを調べられるはずです。

負担なくベビーシッターを利用するためにも、ぜひ一度ためしてみてください。

 

まとめ:ベビーシッターの基本料金の相場は1,000円~3,000円/1時間

この記事では、元ベビーシッターの筆者が、ベビーシッターの料金相場はどれくらいなのか?について解説しました。

さいごに今回の内容をまとめておきます。

ベビーシッターの料金相場は?
  • ベビーシッターの基本料金の相場は1,000円~3,000円/1時間
  • ベビーシッター会社によっては、入会金や年会費が無料のケースも
  • 割引制度をうまく使えば料金を下げることも可能

ベビーシッターの料金相場、料金が下がる仕組みを知ったあとは、あなたのお子さまにあったベビーシッター会社を探してみましょう。

ベビーシッターすみれの森にはほかにも、ベビーシッターサービスに関するお役立ち情報がたくさんあります

ぜひ、読んでみてくださいね。

人気記事:>>ベビーシッターサービスのおすすめ人気ランキング11選【元ベビーシッターが比較】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください