>>おすすめのベビーシッターサービス11選<<

リトルハグはどんなベビーシッターサービス?評判,料金,特徴,利用方法を解説!

littlehug

リトルハグは、0歳から12歳のお子さんを預かり、英語で保育してくれるベビーシッターサービスです。

「小さいうちから英語に触れさせたい」「せっかくベビーシッターを利用するなら英語で保育してほしい」とお考えのあなたにおすすめのサービスになっています。

この記事では、「英会話de保育」を提供している「リトルハグ」について、現役保育士の筆者が特徴や料金、利用方法などを詳しく紹介していきます。

この記事を読めばリトルハグについて理解が深まり、リトルハグがどんなベビーシッターサービスなのかがわかります。

リトルハグが気になるあなたはぜひ、読んでみてください。

 

リトルハグとは?

リトルハグでは「英会話de保育」をコンセプトに、外国人・英語ベビーシッターが主に英語を使った家庭保育サービスを提供しています。

「子育ての不安を喜びにかえたい」という想いのもと、グローバル化が進む世の中で楽しく英語に触れてほしいと、2015年にサービス開始されました。

リトルハグでは、子どもと英語で遊ぶだけでなく、子どもにとって心地よい環境で安心・信頼を感じられる保育を行っています。

ただ英語を身につけるだけでなく、「子ども自身の力を引き出す保育」を提供していることが特徴です。

下の動画でリトルハグのシッティング様子が公開されているので、気になるあなたは見てみてください。

 

リトルハグのシッターの特徴

リトルハグの外国人シッターは、アメリカ・イギリス・オーストラリアなど様々な国籍のシッターが在籍しています。

女性だけでなく、男性のシッターがいる点も魅力的です。

英語が話せるだけでなく、「保育スキル」と「人柄」も重要視しています。

書類選考・面接・実技テストなどをもとに丁寧に選考しているので、安心して利用できます。

また、採用後も「保育研修」や「マナー研修」「実習研修」などを行っており、高い保育の質を期待できます。

シッターの中には、日本の大学・大学院に在学している高学歴の方がいたり、母国でベビーシッターの経験がある方がいたり、様々な経歴の方が在籍しているので、目的に合うシッターを見つけられます。

 

リトルハグのサービス内容

リトルハグのサービスは、大きく分けて次の5つあります。

  • 英語シッティング
  • 日本語シッティング
  • 教育シッティング
  • 送迎
  • 家事代行

保護者が仕事で子どもを保育できない時はもちろん、「英語に触れてほしい」「お出かけの間、子どもを見てほしい」などの場面でも利用できます。

保育の内容は保護者の要望をもとに行っているので、お子さんに合う保育サービスを受けられるのが特徴です。

各サービスは、以下にまとめています。

 

サービス①:英語シッティング

英語シッティングは、外国人ベビーシッターによる英語での保育サービスになります。

「うちの子は英語を話せないけど大丈夫かな?」というあなたも安心してください。

ベビーシッターは、遊びの中でお子さんと楽しく触れ合いながら、言葉の壁を感じないような関わりをしてくれます。

回数を重ねれば重ねるほど、積極的に英語でコミュニケーションを取れるようになっていきます。

 

サービス②:日本語シッティング

日本語シッティングは、日本語で保育をしてくれます。

普段英語を使って会話しているご家庭であれば、日本語シッティングで日本語を身につけることも可能です。

 

サービス③:教育シッティング

教育シッティングとは、勉強やスポーツ、ピアノなどのレッスンを英語で行うサービスです。

英語でレッスンしてもらえるので、それぞれの技術を向上させるだけでなく、英語でのコミュニケーション・考える力を伸ばすことにも繋がります。

 

サービス④:送迎

送迎は、保育園やインターナショナルスクールからの送り迎えを保護者に代わって行ってくれるサービスです。

「仕事が終わらなくてお迎えに間に合わない」「仕事終わってからだと保育園のお迎えが遅くなってしまう…」そんな時に子どもを送迎してもらえるのは、子育て家庭にとって嬉しいですよね。

 

サービス⑤:家事代行

リトルハグでは、家事代行も行っています。

安全上、保育と同時利用はできませんが、調理・掃除・洗濯などの家事を保護者の代わりにしてもらえます。

家事代行をシッティングの前後に利用することで家事の負担を減らし、お子さんとの時間を有効に使うことも可能です。

 

リトルハグは東京・横浜以外も利用できる

リトルハグは、東京・横浜を中心に利用できるエリアを拡大しています。

利用できる地域を以下にまとめます。(2020年7月現在)

 

東京都
23区全域 (世田谷区/練馬区/大田区/足立区/江戸川区/杉並区/板橋区/江東区/葛飾区/品川区/北区/新宿区/中野区/豊島区/目黒区/墨田区/文京区/渋谷区/港区/荒川区/台東区/中央区/千代田区)
西東京市/武蔵野市/三鷹市/狛江市/調布市/府中市/小金井市/小平市/国分寺市/国立市/立川市/多摩市/町田市

 

神奈川県
横浜市全域 (鶴見区/神奈川区/西区/中区/南区/港南区/保土ヶ谷区/旭区/磯子区/金沢区/港北区/緑区/青葉区/都筑区/戸塚区/栄区/泉区/瀬谷区)
川崎市全域 (麻生区/多摩区/宮前区/高津区/中原区/幸区/川崎区)/武蔵小杉エリア
相模原市/大和市/海老名市/平塚市/厚木市/横須賀市/鎌倉市/藤沢市/茅ヶ崎市/綾瀬市/座間市/逗子市/葉山町

 

埼玉県
さいたま市全域 (西区/北区/大宮区/見沼区/中央区/桜区/浦和区/南区/緑区/岩槻区)
朝霞市/ふじみ野市/富士見市/戸田市/和光市/蕨市/浦和市/川口市/草加市/川越市/志木市

 

千葉県
千葉市全域 (中央区/花見川区/稲毛区/若葉区/美浜区/緑区)
市川市/柏市/流山市/市原市/佐倉市/習志野市/八千代市/四街道市

 

京都府
京都市/長岡京市/向日市/宇治市

 

大阪府
高槻市/吹田市/茨木市/枚方市/大阪市

 

兵庫県
神戸市/芦屋市/西宮市/尼崎市

 

まだまだ利用エリアを拡大しているようなので、今後さらに増えると予想されます。

 

リトルハグはリトルハグ株式会社が運営

リトルハグの運営は、「リトルハグ株式会社」が運営しています。

本社は、神奈川県横浜市にあり、代表は「西哲さん」という方です。

リトルハグ株式会社は、2015年10月に設立され、子育てをグローバルな視点でサポートしている会社です。

下に、リトルハグの会社概要をまとめておきます。

会社名 リトルハグ株式会社
事業内容 ベビーシッター事業
本社住所 神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央8-19-201
会社設立 2015年10月
代表者 西 哲
コーポレートサイト https://littlehug.co.jp/aboutus/

 

リトルハグの料金

リトルハグでは、「入会費・年会費」と「利用料金」がかかります。

利用料金は、「単発利用」と「定期利用」によって変わり、利用頻度や回数に合わせてプランを決められます。

 

入会金・年会費

入会金は・年会費は、次の通りです。

 

  • 入会費:30,000円/家族
  • 年会費:5,000円/家族

 

 

単発利用

単発利用の場合の料金は、以下を参考にしてください。

  • 英語シッティング:3,000円/時間
  • 日本語シッティング:2,500円/時間

 

注意

基準時間:平日8:00~20:00

1回の最低利用時間:3時間~

※その他にシッターの交通費が、実費でかかります。

 

定期利用

定期利用は、単発利用よりもお得に利用できます。

月6時間以上利用予定がある方は、定期利用のプランをおすすめします。

利用時間によってお得になる定期利用を以下にまとめます。

  • ブロンズプラン:月額16,800円(2,800円/時間)月6時間に相当
  • シルバープラン:月額31,200円(2,600円/時間)月12時間に相当
  • ゴールドプラン:月額86,400円(2,400円/時間)月36時間に相当

 

各プランの相当時間を超えた場合は、それぞれの時間料金に合わせて追加になります。

例:ブロンズプランで月7時間利用した場合
月額16,800円+追加時間分2,800円=19,600円(+交通費実費)

利用時間に合わせてお得なプランが利用できるのは、保護者にとって嬉しいですよね。

注意

夜間や土日祝などの利用は、追加料金がかかります。

  • 夜間・早朝(20:00~8:00):+500円/時間
  • 土日祝:+300円/時間
  • GW,お盆,年末年始:+500円/時間

 

また、教育シッティングや病後児保育などのオプションは、次の料金で利用可能です。

  • 教育シッティング:+500円/時間
  • 病後児保育:+500円/時間
  • 新生児ケア:+500円/時間
  • 沐浴・入浴補助:+1,000円/回
  • 家事代行:+0円/時間
  • 親子英語:+0円/時間

目的に応じて利用していきたいですね。

兄弟姉妹同時の利用の場合、2人目は「利用料金の+50%」、3人目は「1名分無料」で利用できます。

 

リトルハグの口コミ

すでにリトルハグを利用している方の口コミをいくつか紹介します。

リトルハグの口コミ①(男の子1歳)

“1歳前までは音の聞き分けを目的としているため、ネイティブでたくさん語りかけをしてくれる方を希望しておりまして、シッターさんはたくさん語りかけもしてくれて、とても満足しています。”

引用:リトルハグ「お客様の声」https://littlehug.co.jp/customersvoice/

 

リトルハグの口コミ②(女の子4歳)

“先日シッターさんが帰られたあと、娘がシッターさんとしたこと、見つけたもの、楽しかったこと、新しく知ったことをたくさん話してくれました。「また一緒に遊ぶ?」と、目を輝かせて尋ねてきました。”

引用:リトルハグ「お客様の声」https://littlehug.co.jp/customersvoice/

 

 

リトルハグの口コミ③(男の子4歳、女の子2歳)

“子供たちも楽しかったみたいで、ちゃんと話せたー!と言っていました。娘はまだ小さくてコミュニケーションがとりづらいなか、一緒にいてくださって、嬉しいです。シッターさんと子どもたちがなじめるか不安でしたが、私も仕事から帰って苦もなく、ゆっくりさせていただきました。”

引用:リトルハグ「お客様の声」https://littlehug.co.jp/customersvoice/

 

リトルハグの評判、かなり良さそうです。

利用した方の多くは、利用前に心配や不安を感じていたようですが、利用後に子どもが「楽しかった」と言っている様子を見て安心できたとおっしゃっています。

また、リトルハグのシッティングをきっかけに、家族で英語に触れる時間が増えた方もいました。

リトルハグが気になるあなたは、一度見てみてはいかがでしょうか?

 

リトルハグの利用方法

リトルハグの利用の流れを説明します。

  1. お問い合わせ
  2. 初回訪問
  3. 契約
  4. 予約
  5. シッティング
  6. 報告

リトルハグを利用したいあなたは、まずは「お問い合わせ」から行いましょう。

リトルハグ利用までの詳しい流れを紹介していきます。

 

STEP①:お問い合わせ

まずは、リトルハグのHPから「お問い合わせ」をします。

お問い合わせをすると保護者の要望をもとに、最適なプランと見積もりをリトルハグから提案してもらえます。

 

リトルハグには電話で問い合わせできる?

お問い合わせは、基本的にHPから行い、メールのやり取りで行います。

ただし、メールでのやり取りが難しい場合、電話で対応することがあります。(045‐350‐8293)

電話での対応の場合、平日の9:00~18:00が受付時間ですが、研修などで担当者が不在の場合は、折り返しの連絡になることもあります。

 

STEP②:初回訪問

お問い合わせ後、日本人コーディネーターによる自宅での面談を希望できます。

対面で話すことによって、より安心した状態でシッティングを利用可能です。

また、お問い合わせでは確認できなかった細かい内容の確認も行えます。

アレルギーや持病があるお子さんは、丁寧に伝えておくとお互いに安心です。

 

トライアルプランを利用できる

初回訪問の際、シッターのトライアルプラン(有料)を試せます。

トライアルプランでは、外国人シッターによる「英会話de保育」を実際に体験できます。

「ベビーシッター利用時のイメージをつかみたい」「ベビーシッターの利用を悩んでいる」と思うあなたにおすすめです。

まずは、トライアルプランを利用してから、リトルハグの正式利用を決めてもいいでしょう。

 

STEP③:契約

契約が決定したら利用する前月25日までに、次の手続きが必要です。

  • 入会書類の提出
  • 入会金・初月分の利用料の入金

 

STEP④:予約

契約が終了したら、前月の15日までに、メールで利用のスケジュールを連絡します。

保護者の要望に沿って担当シッターの選定が行われ、事前にシッターと打ち合わせを行います。

打ち合わせ時には、しっかり要望をお伝えしましょう。

事前の打ち合わせで子どもの体調や家庭のルールなどをしっかりと伝えておくことで、シッティングを頼むときも安心です。

 

STEP⑤:シッティング

シッティング前日には、シッターから事前確認の連絡があります。

当日は、予定時間前(約10分前)に担当シッターが自宅に向かい、保護者と引継ぎを行います。

引継ぎ後、シッティング開始です。

事前連絡があることで、保護者も安心して利用できますね。

 

STEP⑥:報告

シッティング後は、お子さんの様子を報告書をもとにお伝えしています。

お子さんの様子で気になること、聞きたいことがある場合は、シッターさんに聞いてみましょう。

ご利用料金については、月末締めで請求書が送られてきます。

 

リトルハグ利用前に気をつけたいこと

口コミ・評判がいいリトルハグですが、何点か利用前に気をつけたいことがあります。

利用前にチェックして、安心した状態で利用していきましょう。

 

注意点①:日本語のコミュニケーションに注意

外国人シッターは、簡単な日常会話程度の日本語は話せます。

しかし、中には読み書きはできないベビーシッターもいるので、シッティング後の報告書は、英語のメモをもとにした報告になります。

保護者の方が英語に不安を感じている場合は、利用前にお伝えしておくことをおすすめします。

 

注意点②:病気の時は利用できない時もある

快復期の病後児保育は利用できます(オプション+500円/時間)が、病児保育は行っていません。

病後児保育を利用するときは、診断書の提出が必要です。

また、入院歴や既往歴によっては、外国人シッターを利用できない場合があるので、利用前に確認しておきましょう。

 

注意点③:投薬は基本的にできない

投薬は医療行為とみなされるため、原則できません。

保育園でも投薬は看護師が行っており、看護師が在籍しない保育園では投薬を基本的に行っていません。

しかし、どうしてもシッティング中に投薬が必要な場合、事前に「投薬依頼書」を提出することで投薬をお願いできます。

 

注意点④:食事の準備は必要

安全の問題上、保育中の調理はできないので、食事は保護者が準備しなければいけません。

レンジで温める、お皿に盛りつけるなどはシッターができるので、事前にどのような食事を提供してほしいのか伝えておくことが大切です。

 

注意点⑤:保育と家事は同時にできない

シッティング中に「洗濯をしてほしい」「掃除をしてほしい」などの家事は、安全上お願いできません。

シッターはあくまでも「子どもの保育」がメインです。

ただし、おもちゃのお片付け、食事の片付けなど保育に関連した家事に関しては保育中に行うことが可能です。

 

注意点⑥:キャンセル料金がかかる場合がある

2営業日前の18時までにキャンセルの連絡をすれば、無料でキャンセルが可能です。

しかし、2営業日前の18時以降のキャンセルには料金が発生します。

  • 2営業日前18:00~1営業日前18:00:利用料金の50%
  • 1営業日前~:利用料金の100%

ちなみに、リトルハグの営業日は、土日祝休みです。(GWや年末年始などは別に確認が必要です)

 

まとめ:リトルハグは英会話でシッティングをお願いできるベビーシッターサービス

この記事では、「英会話de保育」を提供している「リトルハグ」について、現役保育士の筆者が特徴や料金、利用方法などを詳しく紹介しました。

最後に今回の内容をまとめておきます。

リトルハグとは?
  • アメリカ・イギリス・オーストラリアなど様々な国籍のシッターが在籍しており、英語でシッティングをしてくれる(日本語シッティングも可)
  • 定期利用はブロンズプラン・シルバープラン・ゴールドプランの3つあるので、料金体系は要確認
  • 実際に利用しているママたちからの評判は良い

日本でも徐々に広まってきたベビーシッター。

家庭環境や保護者が求めるサービスにあったベビーシッターサービスが広がってきています。

今回紹介したリトルハグは、グローバル社会が広がる中で、楽しみながら英語に触れられる保育を提供するサービスです。

ベビーシッターを利用したい、小さいころから英語に触れてほしいと思うあなたはぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

ベビーシッターすみれの森には他にも、子育ての悩みやベビーシッターに関するお役立ち情報がたくさんあります。

ぜひ読んでみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください